コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?

 

あなたは、コンドロイチンという栄養素をご存知ですか?最近テレビCMや通販等でよく見かけるので知っている方もいると思いますが、関節痛や腰痛の緩和などに役立つものですね。加齢による節々の痛みに悩む高齢者を中心に、あらゆる種類のサプリや化粧品などに人気が集まっています。

 

ですが、コンドロイチンの持つ働きはそれだけではありませんよ。あまり知られていない作用が他にもあり、リウマチ協会も認めるほどのパワーが秘められているんです。そこで、こちらではその素晴らしい栄養素について詳しくご紹介するとともに、1日の摂取量や気になる副作用、人気のサプリ等を掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

また、よく似ている物としてグルコサミンがありますが、グルコサミンとの違いについても解説しています。グルコサミンは同じ軟骨成分ではありますが、グルコサミンの働きや性質は異なります。ですが、そんなグルコサミンを併せて摂ることで相乗効果が期待できるために、グルコサミンが同時配合されたサプリが多いんですね。そのグルコサミンとの相乗効果についてもまとめて記載しています。

 

さて、そもそもコンドロイチンとは、納豆やオクラなど主にネバネバした食品に多く含まれるムコ多糖類の一種で、食物繊維でもあります。それは、元々は体内で十分な量を生成していますが、25歳をピークに加齢とともに減少していくため、食品やサプリなどから必要な摂取量を補わなければいけないというわけです。

 

もしも必要な摂取量が不足していれば、節々の痛みや肌のたるみなど老化が起きてしまいます。これはとても辛い痛みなので、出来ることなら改善したいですよね。医療機関で診察を受けたとしても、せいぜい湿布薬や鎮痛剤をくれる程度だと思います。それでは根本的な治療ではないので、辛い症状で悩んでいる方にはコンドロイチンをお勧めします。

 

摂取する方法としては、納豆やオクラ、秋鮭やフカヒレなどの食品を食べたり、サプリや注射などがあります。ですが、食品から1日に必要な摂取量を摂ることは、高脂肪な食品が多いために難しいとされています。よって、サプリによる摂取が一番有効的とされています。サプリであれば、相乗効果が期待できるグルコサミンも一緒に摂ることが出来て一石二鳥ですからね。

 

ただし、サプリの服用時に気になるのが副作用です。副作用を気にして摂取をためらっている方は少なくないですよね。しかし、副作用の有無についてはご安心下さい。元々体内で生成されるものであり、食品由来のものなので副作用は少ないとされています。製品に表記されている摂取量を守れば副作用は大丈夫です。それでも副作用が心配な方は、医師に副作用の有無を聞いてみると安心ですね。

 

現在では、あらゆるメーカーから数多くの製品が販売されています。グルコサミンを同時配合した物だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸なども同時配合されたサプリがあります。その中からどれを選ぶのかは、どんな作用を期待するかという事がポイントになります。安易に価格だけで決めてしまわないように、色々と比較検討して自分に合う商品を試して健康的なカラダを目指しましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

コンドロイチンとは?


動物の体内にはグリコサミノグリカンという成分がありますが、ご存知ですか?

 

これはムコ多糖類の一つであり、これをコンドロイチンとも言っています。

※正式名称は「コンドロイチン硫酸」と言います。

 

この成分は、身体の中の粘液、軟骨、結合組織部分に含まれています。

 

その作用としては、腱、関節、靭帯における弾力を維持します。

 

これによって滑らかに動くように作用しています。

 

そして、骨と骨が削れないように摩擦に対してクッションのようになる役割をしています。

 

このような事からも分かるように、コンドロイチンが不足してしまうとこういった機能が働かなくなってしまいます。

 

言い換えると、関節痛や腰痛といった節々に痛みが出てくるようになってしまうという事です。

 

それら節々の痛みの緩和などを目的として、主に医療分野で活躍しているのがコンドロイチンですが、今はその他に美容を目的としたサプリも登場しています。

 

凄いでしょう。

 

どう美容に作用するのかと言うと、体内組織に対して水分保持や弾力性を出す働きがあります。

 

※外見的に言うと、肌の潤いやハリに該当します。

 

その潤いとハリを保つための成分として、近年では注目されるようになりました。

 

この事から、配合されたサプリを摂ることで、痛み緩和や美肌に効果を出せる事として知られるようになったんですね。

 

女性にとってはかなり嬉しい栄養素ですね。

 

体内になくてはならない成分でもあります。

 

そして、いま注目を集めている栄養素になります。

 

不足するとどうなる?


体内でコンドロイチンが必要と言われていますが、不足してしまうと身体はどうなってしまうのでしょうか。

 

こちらでは、その事について分かりやすく説明していきます。

まず、コンドロイチンが体内で不足することで色々な症状を引き起こすと言われています。

 

私達は普段、食べている食品から色々な栄養素を摂ります。

 

それは、口から腸、腸から血管に入っていき、コンドロイチンとコラーゲンがある場所を通過して身体中の細胞に栄養素が運ばれていきます。

 

その「場所」については層になっていて、とても軟らかいのが普通です。

 

しかし、コンドロイチン不足になって軟らかさも失うと、栄養素が身体中の細胞に行き渡らなくなってしまいます。

 

そうなってしまうと、細胞は活性化せずに老化現象を引き起こしてしまいます。

 

この層を通って老廃物が体外に排出されるんですが、それが出来なくなることで新陳代謝も悪くなってしまいます。

 

そして更には、軟骨の弾力性も水分も無くなってしまいます。

 

こうなると関節痛が起こってしまいます。

 

そんなコンドロイチンは、体内で生成されるもので25歳がピークと言います。

 

作られる量が低下すると、老化現象が始まってくるので注意が必要です。

 

と言っても、見た目にはなかなか分からないですね。

 

ですが、作られる量低下しているかどうかが簡単に分かる方法があります。

 

それは耳を触ることですね。

 

なぜ耳なのかというと、耳は軟骨で出来ているからです。

 

本来耳は軟らかいものなので、耳を触って硬いようであれば生成量が低下しているということになります。

 

関節や肌など色々な所の老化現象を引き起こすコンドロイチン不足ですが、このような自己チェックをして早めに対策を取るようにつとめましょう。

 

カラダ作りに必須!コンドロイチンが重要なワケ