コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?TOP > 基礎知識 > 原料について

原料について

 

医薬品やサプリメントで注目されていているコンドロイチンですが、この成分は関節痛や腰痛の緩和に効果がある成分として知られています。

 

ご存知ですか?

そんなコンドロイチンは、そもそもどんな原料から作られているのかご存知でしょうか。

 

そこで、こちらではコンドロイチンの成分の原料についてご説明します。

 

<コンドロイチンの原料について>
コンドロイチンは、食べ物の中にも含まれています。

 

例えば、納豆、山芋、おくら、すっぽん、ウナギ、フカヒレがあります。

 

ネバネバしている物や高級な物が多いですね。

 

そもそもコンドロイチンは、ムコ多糖類という種類の成分になります。

 

※ムコというのが「ネバネバ」を意味します。

 

昔から粘り気のある食品は健康食品として親しまれてきましたが、その中で今サプリメントとしてコンドロイチンの原料で使用されている物には、たいていがサメの軟骨を使っているようですね。

 

軟骨の中でもサメの軟骨は凄いようですよ。

 

それは凄く良いコンドロイチンが含まれているからです。

 

それは何故かと言うと、まずサメは強い生命力があると言われています。

 

そんなことからとても有効的な成分だと言えますね。

 

このコンドロイチンは、人間の軟骨にもたくさん含まれているものです。

 

しかし、たくさん含まれているのは生まれてから20代くらいまでのことです。

 

元々は体内で必要充分に生成されているものですが、30代を過ぎたあたりからは徐々に減少していく傾向にあるようです。

 

コンドロイチンが減少していくと、関節痛が出てきたり運動能力も減少傾向になってしまいます。

 

このようなことがありますが、食べ物を原料として作られているのがコンドロイチンのサプリメントになります。

 

いつまでも若くて健康な身体作りをするためには、定期的にコンドロイチンを摂取して軟骨を生成していくことが大切です。

 

それを維持する事が必要ですね。

 

症状が出てからではなく、予防という観点からも摂取すると良いですよ。

 

基礎知識記事一覧

成分について

近年、老化防止や関節痛緩和にとても有効的として注目を集めている成分があります。それはコンドロイチンという成分ですね。コンドロイチンは軟骨の約3割を占めている成分で、...

原料について

医薬品やサプリメントで注目されていているコンドロイチンですが、この成分は関節痛や腰痛の緩和に効果がある成分として知られています。ご存知ですか?そんなコンドロイチンは...

グルコサミンとの違い

あなたは、コンドロイチンとグルコサミンという成分をご存知ですか?この2つの成分は、軟骨を形成する成分として関節の動きを滑らかに働きます。そんなことで知られる成分です...

減少するのは何故?

体内でコンドロイチンは合成して生成されています。これは一般常識になりますが、あなたはご存知ですか?当たり前の事ですが、年齢が若い内は生成量が必要充分に生成されていま...

犬にもオススメ?

関節の中にある軟骨を形成しているのがコンドロイチンですが、あなたはご存知ですか?元々は体内で生成されているものですが、加齢と共に生成量は減少していきます。それによっ...

リウマチ協会が認めたコンドロイチンとは?

アメリカには「リウマチ協会」という団体がありますが、ご存知ですか?その協会でコンドロイチンは認可されているようですね。そもそもリウマチとは何かご存知でしょうか。...