コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?TOP > 基礎知識 > グルコサミンとの違い

グルコサミンとの違い

 

あなたは、コンドロイチンとグルコサミンという成分をご存知ですか?

 

この2つの成分は、軟骨を形成する成分として関節の動きを滑らかに働きます。

そんなことで知られる成分ですが、この2つの成分は単体で摂取するより一緒に摂取した方が相乗効果があって良いと言われています。

 

そのため、近年ではグルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されたサプリメントが発売されています。

 

最近人気を高めていますね。

 

では、同じ働きをしているように感じるグルコサミンとコンドロイチンですが、2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

まずは、グルコサミンについて説明します。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

<グルコサミンについて>
この成分は天然アミノ糖の1つです。

 

糖とアミノ酸が結合してできた物になります。

 

擦り減った軟骨を再形成する必要がありますが、すり減った軟骨による関節痛の痛みを緩和させてくれる効果が期待できます。

 

主に、変形性関節症などの関節症の治療に使われているものですね。

 

グルコサミンは、「キチン」というエビやカニなどの甲殻類の甲羅などに含まれています。

 

<コンドロイチンについて>
コンドロイチンは、糖類の1つのムコ多糖類という成分になります。

 

その働きはグルコサミンと同様で、関節痛の痛みを緩和させてくれる効果が期待できます。

 

ただし、グルコサミンのように軟骨を再形成していくものではありません。

 

軟骨が擦り減らないように、擦り減ることを防止する働きがあるものです。

 

これを簡単に言い換えると、グルコサミンは軟骨を作るのに対し、コンドロイチンは軟骨を守る働きがあるということになります。

 

よって、この2つの成分を一緒に摂取することで、軟骨が健康的でいられるように働きかけるといった結果をもたらします。

 

良いでしょう。

 

基礎知識記事一覧

成分について

近年、老化防止や関節痛緩和にとても有効的として注目を集めている成分があります。それはコンドロイチンという成分ですね。コンドロイチンは軟骨の約3割を占めている成分で、...

原料について

医薬品やサプリメントで注目されていているコンドロイチンですが、この成分は関節痛や腰痛の緩和に効果がある成分として知られています。ご存知ですか?そんなコンドロイチンは...

グルコサミンとの違い

あなたは、コンドロイチンとグルコサミンという成分をご存知ですか?この2つの成分は、軟骨を形成する成分として関節の動きを滑らかに働きます。そんなことで知られる成分です...

減少するのは何故?

体内でコンドロイチンは合成して生成されています。これは一般常識になりますが、あなたはご存知ですか?当たり前の事ですが、年齢が若い内は生成量が必要充分に生成されていま...

犬にもオススメ?

関節の中にある軟骨を形成しているのがコンドロイチンですが、あなたはご存知ですか?元々は体内で生成されているものですが、加齢と共に生成量は減少していきます。それによっ...

リウマチ協会が認めたコンドロイチンとは?

アメリカには「リウマチ協会」という団体がありますが、ご存知ですか?その協会でコンドロイチンは認可されているようですね。そもそもリウマチとは何かご存知でしょうか。...