コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?TOP > 基礎知識 > 減少するのは何故?

減少するのは何故?

 

体内でコンドロイチンは合成して生成されています。

 

これは一般常識になりますが、あなたはご存知ですか?

当たり前の事ですが、年齢が若い内は生成量が必要充分に生成されています。

 

そのため、意識をすることがないと思いますが、20歳を境にして体内の生成量が減少していくそうです。

 

ここでビックリなのは、「え!まだ20歳なのに?もう?!」と思いますよね。

 

そうなんです。

 

20歳から徐々に減少していき、50代になるあたりには生成がほとんどされない状態になっていくようなんです。

 

そのため、50歳を過ぎたあたりになると膝が痛くなったりしますよね。

 

腰痛になったりする人もいます。

 

このように、関節の痛みが辛くて悩んでいる人が増えてきます。

 

そもそもコンドロイチンの役割としては、軟骨の形成をして関節のクッション材としての役割があります。

 

実際にそのように知られています。

 

また、肌の保水や弾力についても深い関わりがあります。

 

よって、コンドロイチンが足りなくなってしまうとシワが増えたり、肌のたるみが生じる原因となってしまいます。

 

そこで、体内で生成できないのなら外から補っていくしかありませんね。

 

「なんだか膝が痛くなってきたな」「肌がシワだらけになってきたな」と感じるようになったら、コンドロイチンが体内で不足していると思って下さい。

 

そして、積極的に摂取するように心掛けましょう。

 

出来るなら症状が出てからでは遅いので、症状が出る前に予防という観点で摂取してあげると良いですね。

 

ちなみに、コンドロイチンが体内から不足すると、膝や腰などの関節痛の症状より早くお肌にあらわれてきますよ。

 

肌が乾燥したりたるみが気になり始めたら、サプリメントや食事に注意してみましょう。

 

コンドロイチンを体内に補ってあげるようにして下さい。

 

そうすると症状が徐々に改善しくと思いますね。

 

基礎知識記事一覧

成分について

近年、老化防止や関節痛緩和にとても有効的として注目を集めている成分があります。それはコンドロイチンという成分ですね。コンドロイチンは軟骨の約3割を占めている成分で、...

原料について

医薬品やサプリメントで注目されていているコンドロイチンですが、この成分は関節痛や腰痛の緩和に効果がある成分として知られています。ご存知ですか?そんなコンドロイチンは...

グルコサミンとの違い

あなたは、コンドロイチンとグルコサミンという成分をご存知ですか?この2つの成分は、軟骨を形成する成分として関節の動きを滑らかに働きます。そんなことで知られる成分です...

減少するのは何故?

体内でコンドロイチンは合成して生成されています。これは一般常識になりますが、あなたはご存知ですか?当たり前の事ですが、年齢が若い内は生成量が必要充分に生成されていま...

犬にもオススメ?

関節の中にある軟骨を形成しているのがコンドロイチンですが、あなたはご存知ですか?元々は体内で生成されているものですが、加齢と共に生成量は減少していきます。それによっ...

リウマチ協会が認めたコンドロイチンとは?

アメリカには「リウマチ協会」という団体がありますが、ご存知ですか?その協会でコンドロイチンは認可されているようですね。そもそもリウマチとは何かご存知でしょうか。...