コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?TOP > 摂取量・副作用など > 食品からの摂取について

食品からの摂取について

 

食べ物の中にはコンドロイチンが含まれている物があります。

 

ですが、それには結構高カロリーで脂質がある物が多い傾向にあります。

そのため、あまりコンドロイチンを食べ物から摂取しようとする人は少ないと思います。

 

生活習慣病になる危険性もありますからね。

 

食べ物による摂取には注意が必要です。

 

では、コンドロイチンはどんな食材に入っているのでしょうか。
(以下参照)

 

・鰻
・はも
・穴子
・納豆
・山芋
・オクラ
・秋鮭など

 

このようにたくさんの食べ物に入っています。

 

これらをたまに食べる分には良いと思いますが、食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

もし食べる目的がコンドロイチンならば、サプリメントで補充するようにして、食事はバランスよく適度に運動などをすると良いでしょう。

 

ちなみに、「はも」にはたくさんのコンドロイチンが含まれています。

 

もちろん関節の痛みにも効果的ですが、アンチエイジングにも効果的です。

 

そんなことから美容面においても注目されています。

 

更に、秋鮭にもコンドロイチンがたくさん含まれていますよ。

 

鮭の鼻は軟骨で出来ていて、人間と同じようにA型のコンドロイチンになります。

 

このような理由からしても、人間に最適で良質なコンドロイチンが秋鮭からは摂取できると言えますね。

 

サメ軟骨に関しては、主にサプリメントで使われているコンドロイチンです。

 

免疫力が高まるだけでなく、ガン予防もできるのではないかとも言われています。

 

ただし、コンドロイチンを含む食材を調理する際には、加熱するとゲル化してしまう傾向があるので、あまり食べ物からコンドロイチンを摂取するのは現実的でないと言えます。

 

できればサプリメントを主体に摂取することをお勧めしたいと思います。

 

摂取量・副作用など記事一覧

摂取量について

コンドロイチンは、サプリメントで摂取するのが一般的です。ですが、以下の食べ物でも摂取する事ができます。・山芋・オクラ・フカヒレなどでは、コンドロイチ...

最適な摂取方法とは?

人間の身体に良い成分であるコンドロイチン。実際にコンドロイチンが体に良いという事は充分に分かっていることでもあります。ですが、いくら良いと言っても、サプリメントをわ...

食品からの摂取について

食べ物の中にはコンドロイチンが含まれている物があります。ですが、それには結構高カロリーで脂質がある物が多い傾向にあります。そのため、あまりコンドロイチンを食べ物から...

調理法について

年齢を重ねていくと感じることがあります。それは、若い時と比べて肌の調子や身体の調子が衰えたなと感じることです。この状態には、コンドロイチンを摂取すると良いですよ。 ...

副作用について

あなたは、コンドロイチンのサプリメントを摂取したことはありますか?このようなものを摂取した時に気になること、それは副作用ですね。ですが、そもそもコンドロイチンは、オ...