コンドロイチン通販ナビ - サプリ・食品・摂取量とは?TOP > 摂取量・副作用など > 調理法について

調理法について

 

年齢を重ねていくと感じることがあります。

 

それは、若い時と比べて肌の調子や身体の調子が衰えたなと感じることです。

この状態には、コンドロイチンを摂取すると良いですよ。

 

実際そのように言われています。

 

そんな事から、コンドロイチンが摂取できる調理法がないか考えてみました。

 

こちらでは、コンドロイチンが摂取できる調理法についてご紹介しますね。

 

<調理法について>
※コンドロイチンという成分は、鶏の軟骨などに含まれています。

 

まず言えるのは、コンドロイチンの入っている物を使って調理すると良いということです。

 

ただし、覚えておいて欲しいのはコンドロイチンは水溶性ということです。

 

そのため、鶏肉を骨ごと煮てスープにするのは良いですが、それを飲まないで捨ててしまうのはもったいないという事になります。

 

何故かと言うと、煮込んだスープにはコンドロイチンがたくさん含まれているからです。

 

よって、是非スープにした場合は飲んで摂取するようにしましょう。

 

もちろんそれにはコラーゲンだって含まれていますよ。

 

翌日のあなたの肌はプルプルになるかもしれませんね。

 

また、コンドロイチンは動物性の食べ物にも多く含まれています。

 

それらを食べると美味しいですが、食べ過ぎてしまうと当然脂肪も摂取しすぎてしまうので太ってしまう可能性があります。

 

そこで、コンドロイチンが含まれている動物性の食べ物以外の食べ物は以下の通りです。

 

・納豆
・山芋
・オクラなどネバネバ系の食べ物

 

これらを刻んで昆布をちょっと和えて食べてみることをお勧めします。

 

さっぱりしているのでサラダ感覚で食べやすいですよ。

 

上で挙げた料理は、簡単にコンドロイチンを摂取できるのでオススメの調理法です。

 

※少し味が足りなかったら醤油を足すだけで全然良くなりますよ。

 

色々と工夫をして脂肪分を摂り過ぎないようにして、コンドロイチンを上手に摂取するようにしてみて下さい。

 

摂取量・副作用など記事一覧

摂取量について

コンドロイチンは、サプリメントで摂取するのが一般的です。ですが、以下の食べ物でも摂取する事ができます。・山芋・オクラ・フカヒレなどでは、コンドロイチ...

最適な摂取方法とは?

人間の身体に良い成分であるコンドロイチン。実際にコンドロイチンが体に良いという事は充分に分かっていることでもあります。ですが、いくら良いと言っても、サプリメントをわ...

食品からの摂取について

食べ物の中にはコンドロイチンが含まれている物があります。ですが、それには結構高カロリーで脂質がある物が多い傾向にあります。そのため、あまりコンドロイチンを食べ物から...

調理法について

年齢を重ねていくと感じることがあります。それは、若い時と比べて肌の調子や身体の調子が衰えたなと感じることです。この状態には、コンドロイチンを摂取すると良いですよ。 ...

副作用について

あなたは、コンドロイチンのサプリメントを摂取したことはありますか?このようなものを摂取した時に気になること、それは副作用ですね。ですが、そもそもコンドロイチンは、オ...